Vinaora Nivo Slider 3.x

     

     

    TBKからのお知らせ

    「20周年」代表世話人メッセージ

    会員のみなさまへ

    関東地方もいよいよ梅雨入りとなりました。たまの晴れ間には緑が目に染みる今日この頃ですが、コロナによる感染者数は国内で77万人を超え、変異株の動向も予断を許さない状況が続いております。昨年3月から休会が続き長らくお会いできておりませんが、会員の皆様におかれましてはお元気でご活躍のことと存じます。

    さて本日6月15日(第3火曜日)は、本来であれば記念すべき第20回定期総会が開催される予定でした。コロナ禍の状況を鑑み総会開催は見送ることとし、ホームページをお借りして代表世話人としてひとことメッセージを掲載させていただきます。

     東葛ビジネス協議会は2001年21世紀の幕開け、和暦ですと平成11年6月26日に65会員により設立総会が開催され誕生しました。世界を震撼させた9.11世界同時多発テロが起きた年でもあります。設立母体は旧日産火災(現損保ジャパン)社が全国に展開していた地域の「異業種交流会」です。コンセプトは「地域に根ざしたネットワークづくり」、そして「会員相互のビジネスの拡大と協力関係の強化」です。爾来20年の本日謂わば成人式を迎えたわけですが、異業種交流会でこれほど長い歴史を重ねた団体はあまり例を見ないのではないでしょうか。会員数も一時は100を超え、日本経済新聞や日刊工業新聞等のマスコミにとりあげられたこともあります。現在は48会員となっておりますが、企業の成長過程に例えれば、現在は決して「衰退期」ではなく「安定期」にあるものと私は思っております。コロナによる休会で見送りとなっているものの、新規入会希望企業も2社控えており新陳代謝はまだまだ続いております。 これも一重に皆様の熱い思いと、20年かけて醸成された「短期的な成果を求めない」という東葛ビジネス協議会の風土が育んだ賜物に相違ありません。この歴史と伝統を是非とも継承し、更なる発展を目指そうではありませんか。Face to faceが身上のTBKです。ワクチン接種によるコロナ禍の打開、そして年内早期の活動再開に向け全会員のご多幸を祈念して、代表世話人メッセージとさせていただきます。   

    2021年6月15日    

    東葛ビジネス協議会 代表世話人 株式会社 日立製作所 千葉支店長 長倉 一茂 

    TBK20年の歩み「会員数・交流成果」(配布資料Z.その他に掲載)  https://tbk.chiba.jp/index.php/download-z

     

    【6月幹事会報告】

    ◆6月14日更新 6月8日(火)対面による幹事会(7名参加)を開催し、掲題につき以下のとおり方針を決定しましたのでお知らせいたします。

    【今後の活動方針】

    1. 活動実績もなく、予定も立てられないため6月総会は無理な開催を避け延期する

     2.   状況をみながらではあるが、12月忘年例会と20周年記念総会を兼ねたイベントを計画する

     ※もちろんコロナの劇的な状況改善がみられた場合は、繰り上げて再開する

     3. 状況をみながらではあるが、11月のチャリティコンペを計画する

     ※11月16日(火)紫カントリークラブあやめコース 西out in同時スタート8時01分 10組を手配済です

     ※従来のようなパーティ形式によるイベントは開催しない「新しいコンペスタイル」を考えております

      【2021年度会費の値下げ】 今年度に限り現行24,000円から年間10,000円に変更します

      【会費節約策】

     ①ホームページシステム管理料の値下げ 国際情報ネットさんにご尽力いただき大幅に値下げをいただきました(詳細は予算案参照)

       ②wi-fiルーターの解約 バックアップ用に2台あったルーターのうち1台を解約しま  す(詳細は予算案参照)

      【交流成果】   5月末時点  80,500,316円 【エコキャップ運動】 8月 64kg 1月190kg  5月20kg    合計274kg回収 次回回収日は6月29日    

     TBK2020年度社会貢献活動「エコキャップ運動」の展開

    2020年8月より通年

     

    6月の第19回定期総会で可決された第3号議案「2020年度活動計画」に則り、掲題につき以下のとおりお知らせします。

    コロナ禍により3月から当面休会を与儀なくされた状況下、無理のない社会貢献活動を通じて会員の一体感をキープして活動再開に備えましょう!

     ・ペットボトルキャップ1個の資源としての価値は0.02円(500個で10円)です

    ・NPO法人エコキャップ推進協会  http://ecocap.or.jp/ を通じ、ポリオワクチン購入などの福祉に貢献します

    ・ポリオワクチンは1人分20円つまりキャップ1,000個で1人の子供の命が救えます

    【取組方法】

    ①取組可能な会員企業はペットボトルのキャップを分別保管してください

    ②一定量(45ℓポリ袋1個程度)が溜まったら回収にお伺いしますので、事務局菊池宛ご連絡ください

    ③少量の場合は下期再開予定の例会に持参いただいても結構です

    ④当面事務局の書庫にて保管、45ℓポリ袋7個以上で回収業者が無料で引き取りに来てくれます

    ⑤強制でもなく且成果を競うものではありませんので、会員別の個数等は公表せず毎月の総量をホームページ等で発表します

                                             

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    ≪TBK事務局≫

    ◇連絡先〒273-0005千葉県船橋市本町3-5-5損保ジャパン船橋ビル6F 

    損害保険ジャパン株式会社 千葉西支店長席内  担当:菊池岳士

    ■TEL■047-426-5388■FAX■047-426-5384■E-Mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。またはこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

    ■Home page■https://tbk.chiba.jp/

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     

        

    TBK活動報告

     

     

     

    リンク


    企画・運営:東葛ビジネス協議会
    © 2017 Toukatsu Business Kyogikai. All Rights Reserved.